糖尿病Q&A

2/2ページ

糖尿病の合併症に関するQ&A

命にもかかわる深刻な合併症 糖尿病が怖いのは「血糖値が高い」という症状そのものより、それに伴って起こる「合併症」が非常に深刻であること。糖尿病を長期間放置しておくと、網膜症、腎症、末梢神経障害が発症します。また、糖尿病患者が心筋梗塞や脳梗塞を発症する可能性は一般の人の4倍以上といわれています。 糖尿病と診断された時点で、これらの病気の危険性も同時に抱え込んでいるわけです。 (1)合併症って何ですか […]

糖尿病の遺伝関係に関するQ&A

(1)糖尿病は遺伝病なのですか? 遺伝要素が大きく関係していますが、純粋な遺伝病ではありません。遺伝因子に、運動不足、過食、肥満などの生活因子が重なって発症します。もっとも、正しい生活をしていたのに、遺伝因子だけで発症する糖尿病もあります。 (2)きちんと運動していたら糖尿病にはかからないのですか? 運悪く、遺伝的要素だけで発症することもあります。また、ウイルス感染などが原因でI型糖尿病にかかるこ […]

糖尿病の種類に関するQ&A

(1)糖尿病は大きく2種類に分けられると聞きましたが、どのような2種類なのですか? すい臓のランゲルハンス島からインスリンがほとんどでなくなってしまう「インスリン依存型糖尿病」と、インスリンはそこそこ出ているのに血糖値が高くなってしまう「インスリン非依存型糖尿病」です。 前者の場合は、インスリンを体外から補うためにインスリン注射が必要です。後者の場合は、体内のインスリンが有効に活用されるように、生 […]

糖尿病とインスリンに関するQ&A

糖尿病にはいくつかの種類がありますが、いずれも「インスリン」というホルモンが深く関わっています。分泌不足(=インスリンが足りない状態)と、肥満などによる作用不足(=インスリンがあっても血糖値が下がらない状態)、あるいはその両者が組み合わさった状態があります。逆にいえば、血糖値を下げることができるのもインスリンだけなのです。 (1)インスリンが働くと、なぜ血糖値が下がるのですか? インスリンが筋肉や […]

ブドウ糖と糖尿病に関するQ&A

(1)糖尿病とはどのような病気ですか? 「体内でブドウ糖が正常に利用されず、それによって体のいろいろな機能が低下する病気」です。 血液中の糖分濃度は、当然上昇します。もっと詳しく表現すると、「インスリンの作用不足によって生じる全身の代謝異常で慢性の高血糖を主徴とする。その異常が高度であれば口渇、多飲、多尿といった症状をきたすが、通常は特異的な自覚症状を示さない。代謝異常が長期に持続すれば、特徴のあ […]

糖尿病よくある質問Q&A

(1)日本には糖尿病患者は多いのですか。どれくらいいるのですか? 世界平均の約3倍の発症率です。具体的には、日本に約690万人の糖尿病患者がいます。そのうち、自分が糖尿病だと気づいて通院しているのは約220万人です。40歳以上の人の割合で見ると、10人に1人が糖尿病患者ということになります。 一方、糖尿病になりそうな「糖尿病予備軍」がその他に700万人います。つまり、日本人1億2千万人のうち、約1 […]