糖尿病を『前向き』に捉えましょう!

糖尿病を長年放置して合併症を引き起こすのも自分次第、糖尿病を発症したことをきっかけに生活習慣を見直すのも自分次第です。糖尿病を予防・改善する生活習慣は、そのまま体調好調で長生きできることに直結するはずです。

病院ですすめる糖尿病治療の特徴

病院では、運動療法と食事療法をすすめます。次に、内服薬による治療を行います。それでも血糖値が十分に下がらなければ、インスリンの投与(自己注射)を行います。病院で指導する治療は、「患者が一般のサラリーマンであって、朝は早く起きて家で食事し、昼は会社で食事し、夕食は家に帰ってきて奥さんの手料理を食べる」ということを前提としています。

したがって、営業マンや経営者が「夜の飲食を控えるわけにいかないのですが・・・」とアピールしても、「できるだけ控えてください」といわれるだけですし、「夜の仕事をしているのですが・・・」とアピールしても、「夜の仕事はやめることです」といわれるだけです。

個々の生活に対する対応力が欠けているのです。

あなたの糖尿病治療に関して、風本医師からのセカンドオピニオンを提供します

【無料】こちらのフォームから、あなたの糖尿病状態をお知らせください。過剰診療が目立つ昨今ですので、直接の治療を施している担当医以外の医師からの意見、アドバイスは貴重です。風本医師からのアドバイスをお届けします。