糖尿病を克服する3つの第4栄養素|糖尿病サプリメント

ドクターへ無料相談

サプリメントを使った糖尿病克服術をご紹介。EPA(エイコサペンタエン酸)・クロム・桑葉成分DNJ

糖尿病を克服する3つの第4栄養素

日ごろの食生活では、主に三大栄養素(炭水化物、タンパク質、脂質)を摂取しています。何を食べても、三大栄養素は身体の中に入ってきます。
その三大栄養素以外に、健康状態に大きな影響を与える食物成分があります。それらを第4栄養素と名づけます。また、三大栄養素の中でも、特に多めに摂取すると身体機能に好影響を与えるものは、第4栄養素に含まれます。糖尿病の経過に好影響を与える第4栄養素の代表を3つ挙げて、説明します。

EPA(エイコサペンタエン酸)

体内につく脂質をEPA優位に!

食生活の欧米化が進んだ結果、糖尿病以外にも心筋梗塞、脳梗塞、大腸ガン、乳ガン、前立腺ガンなども増えています。これらは、糖尿病の合併症としてよく見られる病気であることをご存じですか?

こうした病気にかかりやすい人にはある共通項が潜んでいます。それは、体内の脂肪酸がアラキドン酸優位になっている、いわば「アラキドン酸体質」になっていること。体内の脂肪酸には主に24種類ありますが、系統で分けると、肉系の脂(パルチミン酸など)はコレステロールの材料になり、植物系(リノール酸など)は体内でアラキドン酸に変化します。植物性の食用油(紅花油、マーガリンなど)やお菓子(とくにチョコレート)をよく食べる人はアラキドン酸体質の可能性が高いといえます。

アラキドン酸体質は「炎症」「痛み」「血小板凝集(血液ドロドロ化)」を誘発する明瞭な薬理作用を持っています。ここで大切なのは、アラキドン酸体質を改良し、その正反対の体質を作ること。そのためには魚系の脂肪をたっぷりとって、「EPA体質」を作ればよいのです。

肥満ぎみの人は、アラキドン酸系の脂肪がたくさん身についていますから、まずはダイエットをしてから、体質改善に取り組みましょう。

糖尿病を防ぐには「体質を変える」こと!
近年、食の欧米化により、アラキドン酸体質の方が爆発的に増加。
※アラキドン酸体質についてはこちら

糖尿病患者にはアラキドン体質の方が圧倒的に多い!
長年アラキドン体質の方は、心筋梗塞、脳梗塞、大腸ガンなどリスクを高める事に

糖尿病患者も心筋梗塞、脳梗塞、大腸がんの発症リスクが高くなる!

青魚に多く含まれる栄養素であるEPAを多く摂取している「EPA体質」の方は、心筋梗塞・脳梗塞・大腸ガンに予防的

糖尿病を直すには、EPA体質になることが重要!!
EPA体質になりたい方はこちら!

EPA体質に関してもっと詳しく

今すぐにEPA体質になりたい方

メディカルサロンのサプリメント「EPA&DHA」「デイリーEPA」のご紹介

クロム

インスリンの作用を促進し、ダイエットにも効果的!

糖尿病治療を円滑にすすめるためには、自己生産のインスリンが効きやすい体質、エネルギー消費型の体質へと身体を改良することが大切です。そのための主要成分がミネラルのクロムです。

クロムは筋肉に対するインスリンの作用を促進します。結果、体重も減ってきます。クロムでエネルギー消費型の体質へ

  • 医薬品を使いたくない
  • 血糖値は高めだがお酒はやめたくない
  • ダイエットがなかなかうまくいかない

という方は、クロムのサプリメントをお試しください。

重い糖尿病からの回復を遂げた人には、クロムを補給しながら治療に取り組んだ人たちが多くいらっしゃいます。

メディカルサロンのクロムサプリメント「ビタミンC&クロム」のご紹介

桑の葉成分DNJ効果

桑(くわ)の葉成分、DNJ効果で糖分の吸収を遅らせ、血糖値を下げる!

【桑の茶が健康にいいしくみ】DNJ効果とは?

桑の葉に含まれるDNJ(デオキシノジリマイシン)は、小腸からの糖分吸収を遅らせる作用を持っています。

  • 便秘気味の人は「お通じ良好モード」へ!
  • 太り気味の人は「ダイエットモード」へ!
  • 糖尿病になりそうな人は「糖尿病予防モード」へ!

米、小麦などの炭水化物(でんぷん)を食べると消化・吸収されて数分後から十数分後には血糖値が上昇します。でんぷん質は胃腸の中でどのような過程を経て血液中のブドウ糖になるのでしょうか。順を追って説明していきましょう。

でんぷん質がブドウ糖になる過程
  1. 胃の中で十分にこねられる
    口から食べたものは胃で一時的に蓄えられ、胃酸と十分に混ぜ合わせられます。胃酸は消毒作用を殺菌する働きがあります。胃内で十分に混ぜ合された食物は、少しずつ十二指腸へと送り込まれていきます。
  2. すい臓の消消化液で分解される
    炭水化物は十二指腸内で、すい臓から分泌されたアミラーゼなどの消化酵素と混ざり合います。すると、炭水化物は分解され、糖の分子が2個くっついた二糖類へと変わります。もともとの炭水化物は糖の分子が10個以上つながったものの集まりです。つまり、糖の分子がたくさん集まった炭水化物は消化酵素の働きで、糖分子2つの二糖類へと分解されるのです。二糖類の状態で十二指腸から小腸へと送られていきます。二糖類のままだと小腸から吸収されません。
  3. 小腸壁のα-グルコシダーゼでさらに分解される
    α-グルコシダーゼという酵素が小腸の壁に付着しています。この酵素は二糖類を分解して糖分子1つの単糖類へと変化させます。単糖類になると小腸から吸収されます。
  4. 小腸から吸収された単糖類のほとんどは肝臓でブドウ糖(グルコース)に変換される
    単糖類にはいくつもの種類があります。グルコース(ブドウ糖)以外にも、ガラクトース、フルクトースなどです。これらは肝臓を経由するとほぼグルコースだけになります。

ざっと以上のような経過で、摂取した炭水化物がグルコース(ブドウ糖)になって血液中に現れるのだということを理解してください。

ではもし、α-グルコシダーゼが働かなかったら・・・
  1. 二糖類は単糖類へと分解されないため小腸から吸収されない。小腸から吸収されないため血糖値は上がらない。二糖類のまま大腸へと送り込まれる。
  2. 大腸内では腸内細菌の作用で二糖類は発酵する。発酵した結果、炭酸ガスと水を生じる。
  3. 炭酸ガスが大腸の運動を促進。

α-グルコシダーゼが働かなければ、これらの現象が起こるのでその結果、次の効果が期待できます。

  • 血糖値が上がらなくなる
  • 大腸の運動が促進され、便秘が改善される
  • 糖分の吸収が抑えられ、ダイエットに役立つ

α-グルコシダーゼの作用を弱める物質、それがDNJ(デオキシノジリマイシン)です。

DNJのおかげで快便になり、肥満体質は改善、糖尿病は予防されるのです。そのDNJを豊富に含むのが桑の葉です。桑茶が健康に良いということがお分かりでしょう。

糖尿病に効くといわれるお茶はいくつかあるようですが、メディカルサロンで採血の結果を見ながら調査したところ、血糖値を下げる効果が確認できたのは桑茶だけでした。

血糖値を下げる効果が確認できたのは桑茶だけ毎日桑茶を飲むと、ヘモグロビンA1cが0.5~1.0%ほど低下します。ダイエット効果も期待できます。

メディカルサロンの桑の葉サプリメント「サラくわ茶」「カルコンマーリーミックス」「目覚めの青汁」のご紹介
ページのトップへ戻る